スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
無事終了
 6月30日〜7月4日の間The Third Gallery Ayaにて開催されました個展「空遊書画」、無事終了いたしました。

5日間という短い期間と、イマイチ良くないお天気と、蒸し暑さにもかかわらず、100名を超えるご来場があり、有難い限りでございます。

3日のギャラリートークでは、当日参加の方も増え、より大勢の方へお話させていただく事が出来ました。やはり、初めてのギャラリートーク、緊張しました。。。私の拙い話に最後まで耳を傾けていただき、ありがとうございます。


以下、展示風景、、



ブルーの画面は約5分程度のスライド形式の映像です。次々に水に飛び込む人々を映し出します。




6点の写真の展示。

ありえない光景に、CGですか?の質問もありましたが、CG合成ではなく、実際の現象なんですよね。。。
想像できない事が起こるから、世界は楽しいし、人間って面白いなと思うのです。
写真はそんな瞬間を捉える事が出来て、こうして展示する事で他の人に伝える事も出来る幸せな表現方法だなと感じています。

今回の個展でも、様々な出会い、再会、ご縁を感じる不思議な出会いもあり、なんというか世の中と繋がっているという実感がしてうれしかったです。

展示会場にお越し頂いた皆様、様々な感想やご意見ありがとうございます。今後の活動の参考にさせて頂きます。

では、今後とも宜しくお願いします。


日記 | comments(4) | -
山本太郎さん





今日、京都へ用事があったので、京都駅の美術館「えき」へ、前から気になっていた山本太郎さんの個展を見てきました。
山本太郎と言って思い出されるのは、「メロリンQ」の山本太郎、、、と懐かしんだ方は多分私と同世代。。。

(メロリンではない)山本太郎さんは日本画家ならぬ、ニッポン画家として、現代のニッポンを風刺ししつつ、日本画の技法で新しい絵画表現のあり方を提唱しています。
私も「現代の日本の日本的表現」、が出来ればという思いの写真を撮っておりますので、山本氏の作風に勝手に共感しておりました。

フェンスに絡まる朝顔のニッポン画、鶴に松、JALが飛んでるニッポン画、松の木のバックに紅白幕かと思いきやアメリカ国旗だったり、、、。と、今日見てきた作品はどれも楽しく、思わずふふっと笑いを誘うものが多かったです。

そんな中、会場には山本氏がいらっしゃったので、作品を前に少しお話させて頂くことができましたー。ありがとうございました。和服姿の良く似合う、素敵な人でしたよー。

展覧会には水墨画を習っている母と一緒に訪れたのですが、母も「着眼点が斬新やわぁー」と展覧会を楽しんでいました♪
私はポストカード数枚を購入、母はニッポン画のクリアファイルを2枚購入。なかなか粋な母、、、

その後、母と二人で京都おばんざいのお店へ。
ゆば田楽、おいしかった☆



日記 | comments(2) | -
Recent Entries
Recent Comments
Search this site :
RECOMMEND
Lmagazine (エルマガジン) 2008年 06月号 [雑誌]
Lmagazine (エルマガジン) 2008年 06月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

若草山で撮影した写真を掲載して頂きました。
RECOMMEND
商店建築 2008年 02月号 [雑誌]
商店建築 2008年 02月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

尾張矯正歯科の写真を撮影させて頂いております。
RECOMMEND
商店建築 2007年 04月号 [雑誌]
商店建築 2007年 04月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

SK NEWS欄の、ルーセントアベニューの写真を撮影させて戴きました。
RECOMMEND
安藤忠雄 光の色
安藤忠雄 光の色 (JUGEMレビュー »)
安藤 忠雄,トム ヘネガン,リチャード ペア
光や、天候、時間とともに存在する安藤建築を、あるがままにカメラに収めた写真集。青空を見方につけなくても、その存在感は写真に写っています。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

鈴木氏の作品集ですね。
青木氏もそれを狙っていたのだと感じます。
建築写真として、建築自体が良く分からないという評判もありますが、この美術館が置かれている状況や、入館した人が感じる空気が良く伝わります。建築写真も建築と共に変わってゆくべきですね。
RECOMMEND
The Agile Rabbit Book of Historical And Curious Maps (Pepin Press)
The Agile Rabbit Book of Historical And Curious Maps (Pepin Press) (JUGEMレビュー »)

日記でも少し掲載しましたが、面白い本です。
一家に一冊!
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

音作りは、身近だけど気がつかなかったような些細なおもちゃの楽器の音色だったり、聞こえるようで、聞こえない、些細な音たちが部屋に溶けてゆく感じが好きです。
↓にて視聴可能です
http://powershovelaudio.com/album/psa009/