スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
貫通と屋上模様




日食の日、スカイビルから見えた面白建築、ふたつ。
 
面白建築 | comments(2) | -
聚楽園の大仏様
季節外れですが、春、桜満開の頃の写真をお楽しみ下さい。
こんもりとした小山から、ぬうっと巨大な大仏様が顔を出していたので、気になって近くで見てきました。




東海市にある聚楽園には、でっかい大仏(鉄筋コンクリート製)があることで有名です。昭和初期に山田さんという人が建てたそうです。
そこはきちんと整備された公園内で、花見盛りということもあり、親子連れやカップル達で賑わっていました。




ライバルも居ます。。。




大粒パンチパーマがキュートです。




大仏様から見える景色は、連なる工場とその煙。




横顔も凛々しく。。。




郵便配達車と大仏。


なかなか、デートスポットとしても楽しめそうなので、皆様ぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか・・・?
面白建築 | comments(0) | trackbacks(0)
ムーラン乙女
車で御殿場インターから程近い山道を下っていたら、んん・・・っ!!なんだありゃあーっ!な建物発見。





でっかい風車が目を引きます。
どうやら廃墟らしいことも一目でわかりました。
少し気持ち悪いのですが、好奇心で入り口を探すも封鎖されています。




窓の格子の間から、内部を撮影しました。
なんか、写ってはいけないものが写りそうです。。。




幸子のいた夏??
他にも「ムーラン幸子」等の、幸子を懐かしむような落書きがありました。




落書きされた竣工記念の看板。
「ムーラン乙女建設記念 昭和48年・・・・」
どうやらここはかつて、ムーラン乙女と呼ばれていたことが分かり、家へ帰りネットで調べてみると、ムーラン乙女は2階部分が回転するレストランだったそうです。




当時のパンフレット。
私が訪れた日は富士山は見えなかったけれど、景色はかなりよかったです。

ムーラン乙女は廃墟マニアの間や心霊スポットとしても有名らしく、いろんなブログで紹介されていました。

少し前までは内部も入れたみたいで、詳しく調べているブログも見つけました。
http://haikyotankenki.hp.infoseek.co.jp/muranotome0.htm

34年前、でかい風車のついた回るレストランがあったなんて、そんなハイカラな光景が繰り広げられていたら、つい入ってみたくなるかも知れませんね。

関連:水車小屋
面白建築 | comments(2) | trackbacks(0)
回転看板を鑑賞する
どこかで見たことあるようなタイトルですが、、、
回転看板を撮ってみました。










結構探しては見たんですけど、意外と回っていないものなんですね。。。
近所で見つけたこの3件、どこの看板か分かりますか?



面白建築 | comments(0) | trackbacks(0)
あいぼく
先日、前々から気になっていた愛知牧場へ行ってきました。
乗馬や乳搾りたいけん、羊の毛刈り体験など、ありとあらゆるファーム体験が出来るスポットです。











牧場内を探索していると、趣のある建物を発見!馬小屋でした。屋根の窓からは光が入り、暗い馬小屋を照らしています。(梁も雰囲気ある)また、外部へ馬たちか顔をのぞかせる窓の配置のかわいらしいこと。。。


他にも牛小屋の内部は凄かったです!
ひしめき合う牛たちも凄いのですが、ふと屋根を見上げると、「か、かっこいい〜!」錆びた鉄板がびっしり貼り付けてある荒んだ屋根の様子をみて、なんだか、「核戦争かなにかで破壊された町に残った未来の廃墟」なイメージを受けた私でした。




その他、平和な愛知牧場の写真です。













面白建築 | comments(0) | trackbacks(0)
水車小屋 part2
例の建物ですが、外観に引き続き内部をご紹介します。
前回記述のとおり、岩山みたいな物体に、お屋敷がくっついているのですが、そのお屋敷部分が由緒ある建物なんです。


お屋敷縁側部分 春にはお花見する人で賑わったらしいです。


ジンギスカン鍋での宴会や、ご法要会席などはこちらで



こちらは一般客用?岩山の内部です。


以下、箸袋の裏に書いてあった言葉を引用
『当店の木造建物は切妻土蔵造り三階建てで明治初年に建てられ、長野県小川村重代名主松本家の持ち家であったものを移築復元したものであります。竣工間もない頃勝海舟先生が来られお書きになった「天覆地戴帝道唯一」の書、欅の五十糎角の大黒柱、書院の欄間の彫刻等貴重な郷土の建物として永く保存したいものであります。』
とのこと。。。


その欄間


立派な木がふんだんに使われています。



そんな水車小屋も3月13日で閉店です。これは是非見ておきましょう!一宮インター南です。
面白建築 | comments(0) | trackbacks(0)
水車小屋


一宮インター南、高速道路沿いにこの建物はあります。
外観は、岩と水車と木と、古いお屋敷を吸収して大きくなった惑星のような存在、宇宙の神秘を感じずにはいられません。





裏面はこんな感じ。裏は裏で、すんごいことになっています。



入り口付近のポストが、混沌とした建物をより強調します。
一応、蕎麦屋なんですが、ジンギスカンもやってます。



なんと、温水プールが地下にあります。(窓のある部分がプールだと思う。)

しかし、このお店、3月13日で閉店してしまうのだそうです。残念・・・

次回は、水車小屋内部をUPします(^^)/

面白建築 | comments(0) | trackbacks(0)
梱包マンション


最近、気になります。。。
梱包建築シリーズ、またやります。
面白建築 | comments(0) | trackbacks(0)
ビックカメラ


名古屋ビックカメラの地下駐車場では、ピンクのソファーで車を待ちます。
面白建築 | comments(0) | trackbacks(0)
Recent Comments
Search this site :
RECOMMEND
Lmagazine (エルマガジン) 2008年 06月号 [雑誌]
Lmagazine (エルマガジン) 2008年 06月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

若草山で撮影した写真を掲載して頂きました。
RECOMMEND
商店建築 2008年 02月号 [雑誌]
商店建築 2008年 02月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

尾張矯正歯科の写真を撮影させて頂いております。
RECOMMEND
商店建築 2007年 04月号 [雑誌]
商店建築 2007年 04月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

SK NEWS欄の、ルーセントアベニューの写真を撮影させて戴きました。
RECOMMEND
安藤忠雄 光の色
安藤忠雄 光の色 (JUGEMレビュー »)
安藤 忠雄,トム ヘネガン,リチャード ペア
光や、天候、時間とともに存在する安藤建築を、あるがままにカメラに収めた写真集。青空を見方につけなくても、その存在感は写真に写っています。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

鈴木氏の作品集ですね。
青木氏もそれを狙っていたのだと感じます。
建築写真として、建築自体が良く分からないという評判もありますが、この美術館が置かれている状況や、入館した人が感じる空気が良く伝わります。建築写真も建築と共に変わってゆくべきですね。
RECOMMEND
The Agile Rabbit Book of Historical And Curious Maps (Pepin Press)
The Agile Rabbit Book of Historical And Curious Maps (Pepin Press) (JUGEMレビュー »)

日記でも少し掲載しましたが、面白い本です。
一家に一冊!
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

音作りは、身近だけど気がつかなかったような些細なおもちゃの楽器の音色だったり、聞こえるようで、聞こえない、些細な音たちが部屋に溶けてゆく感じが好きです。
↓にて視聴可能です
http://powershovelaudio.com/album/psa009/