スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
サントリーミュージアム・安藤忠雄展


今日は、7月12日までサントリーミュージアム天保山 にて開催中の「対決。水の都 大阪VSベニス 安藤忠雄建築展2009」に行って来ました。

まず、圧巻だったのは会場入ってすぐ現れる 「NAKANOSHIMA PROJECT X」 のs1:300の模型。
大阪中心部を流れる淀川から大阪港までの都市プロジェクトの模型なんですが、ホントに水を入れて淀川の水を表現し、模型の全長はざっと10mくらいあったと思います。

大阪は水の都。
確かに、街中に居る時にもふと川のにおいを感じる事があります。
淀川、神崎川、、、家の近所には神崎川の支流で、高川っていう、道路より高い位置を流れる川がありますし。。。

プロジェクトの舞台、中之島は文字通り川の中に島(中洲)のある特殊な地形なのですが、それを取り巻く高層ビル、国の重要文化財の大阪府立中之島図書館や、大阪市中央公会堂などの文化施設もあります。
また、国立国際美術館や数多くのギャラリー、画廊が点在する地域としても良く知られています。

なにやら中之島は文化的な匂いがしています。。。
そんな文化的な舞台を、さらにどう料理して下さるのか、安藤氏、期待しています。

水上テラス、水上プール、水上演劇舞台、30mの大噴水、、、。
安藤氏曰く、「街づくりにも夢がないとね。」
私もその夢に協力出来ればと、川沿いのビルの壁面にツタを這わせるプロジェクトへ募金。(会場に募金箱があります。)

その他、全国に各地にある安藤氏設計の水にまつわる建築の模型とパネル。(模型の美しい事!)
真言宗本福寺水御堂へは、いつかいかなくては。。。


このサントリーミュージアムも安藤氏の設計。



隣の建物は海遊館。
港を望むロケーションに並んで建っています。



円錐形を逆さにしたような部分の内部が、アイマックスシアター。
立体映像の映画館です。一度入った事がありますが、立体映像、クラクラします。。。
左に突き出た部分はカフェになっています。





右に大きく突き出ている部分は展示スペース。
ここから眺める港の風景は気持ちよいです。


たまたま思い立って出向いた展覧会。
何気に見学してたら、先日の二人展の会場、「ラ・ガルリ」オーナー、河上夫妻にバッタリ遭遇!

このところ偶然な出会いや、意外なご縁にも結構慣れて来ましたが、まだまだ続きそうな予感がしています。


☆「対決。水の都 大阪VSベニス 安藤忠雄建築展2009」は12日までです。
12日は安藤氏の追加ギャラリートークがあるようです。興味のある方はお急ぎをー。

建築巡り | comments(2) | -
宇治橋大改修工事
今年の4月に伊勢神宮へお参りに行きました。
桜が散り始めた頃だったと思います。

久々の伊勢神宮、おかげ横丁を抜け、五十鈴川にかかる宇治橋を渡ろうとしたら、あれ?様子がいつもと違う!


 
宇治橋は今年、20年に一度の大改修工事中でした。

宇治橋は全長101.8m、幅8.4m。渡り板に600枚の桧を使用し、橋脚には39本の欅を使用。
渡り板を並べる作業では「すりあわせ」と呼ばれる船大工独特の造船技術が用いられているのだそう。

私が渡ったのは隣にかけられた仮の橋でしたが、桧の香りが漂っていました。

竣工は11月。3日には渡り初め式が行われます。
今はどんな状況になっているか分かりませんが、なにしろ20年に一度、一見の価値ありだと思います。
建築巡り | comments(0) | -
護王神社



今回は、直島にある杉本博氏設計の護王神社です。
杉本氏は、私が写真家として最も尊敬する人のひとりです。
杉本氏の写真作品はどれも凛とした空気に満ち、見る人を禅の世界へ誘うかのような感覚を覚えます。
そんな杉本氏の設計した神社も、森の中に凛とたたずんでいました。




まずは参拝を済ませ、拝殿の周りを拝見。




氷のような美しい石の階段が、地下の石室まで続いています。


石室に続く通路は薄暗く、手渡された懐中電灯を頼りに奥へ進みます。
地下に延びた氷の石が、僅かに外の光を導いていました。


石室を後に外へ出る時、四角く切り取られた出口から、海と空と緑が絵画のように迎えてくれました。



建築巡り | comments(0) | -
はっぴぃさん


服部信康建築設計事務所設計箱屋さん施工の「はっぴぃさん」のオープンハウスの模様です。
以前、3POKOの撮影でお邪魔し、それ以来服部先生の大ファンになり、今回のオープンハウスにもお伺いしました。
「はっぴぃさん」は「みんなが一緒に少しの幸せを頂けるような住まいをつくりたい」という気持ちから始まったプロジェクト。



テーブルの上にそっと置かれた「はっぴぃさん」というかわいらしい絵本と募金箱。
この募金箱は幸せを少しでも分かち合おうという意図のもと、来場者に100円ずつの募金を募り、セーブ・ザ・チルドレンへ寄付されるのだそう。服部先生曰く、「町中で募金集めててもなかなかしづらいこともあるけど、こういう形なら協力しやすいかも。」とのことです。もちろん私もチャリーン♪




ほぼ居室な水周り。ソファーも置いてあります。
この日は、二人のお子さんのお母さんでもあるお友達、カズさんと伺ったのですが、カズさん曰く「ここで子供たちがお風呂に入っているのを見守ってみたい!」




水周りがある部屋の目線上にはリビングが。




洗濯物も見せる形で干せば、こんなにかわいい。
生活することって美しいことなんですよね。




きっとここのお子さんたちは、いい意味で独自の感性を身に付けて育つんだろうなぁ。。。




服部先生ともお話させていただき、このプロジェクトの趣旨をお話頂き、大変共感致しました。お施主さんがいきいきと生活されている様子が目に浮かぶような、そんな素敵な住宅です。
オープンハウスは28日までですので、まだの方は是非行ってみて下さい。
詳細はこちらから「はっぴぃさん」のページへどうぞ。

入居後、撮影にお伺いすることになりましたので、その様子はまた後日UPします。




建築巡り | comments(2) | -
GYRE


12月に表参道にできたGYRE(ジャイル)へ行ってきました。




大きい箱を積んで、上から手でぐいっとねじったような外観は、下から見上げると迫力があります。夕日に照らされて存在感も増しているようでした。




横から見上げると、黒光りして大きな軍艦のようです。




内部、吹抜け部分。




ちょうど、この建物を設計した、オランダの建築家集団MVRDVの展覧会が内部のギャラリーで行われていました。




MoMAデザインストア、日本初出店!ということで、こちらももちろんチェックしてきました♪
少し変わったアクセサリーを購入↓

カラフルなボールチェーンのネックレスですが、これには止め具の替わりに小さな球体の磁石がついていて、好きな位置でチェーンを磁石に絡ませて留める仕組みになっています。長さや、形が自由自在なので、いろんな服に合わせられるので重宝です☆



↑は、名古屋のお気に入りのアクセサリーショップ、フーリゴで一昨年購入した、ガラスで出来た粘菌リング。若い女性作家さんが作ったものだそう。で、これと同じものをMoMAにて発見!確か、作家さんはYANOさん、、、?見てみるとやはり同じ作家さん!私が購入した時より随分高値がついていましたが。。。やっぱり素敵なものは、世に出て行くのですねー(^^)

で、そうこうしていたら、外はすっかり暮れていました。
お隣のディオールと、並んで建っているGYRE。





多田ユウコ写真事務所HPへ
建築巡り | comments(3) | trackbacks(0)
ポーラ美術館
箱根にある日建設計の設計した美術館ポーラ美術館です。
富士箱根伊豆国立公園内にあり、細い山道をぐねぐねと看板に従って行くのですが、なかなか見つけられず同じ道を行ったり来たりして、やっと辿りつきました。。。
それもそのはず、外部からほとんど建物らしきものが見えないのです。



こんもりと森に囲まれていて、わかり辛い。やっと見つけたエントランスー!探したよ〜!




バスでも来れるのですね。




「本美術館は地盤から建物を絶縁した免震建物です。地震時に最大40cm程度建物が動きます。移動範囲内に障害物等を置かないで下さい。」とのこと。
40cm動くところ、見たい。。。






降りてゆきます。一応、地下になるのかな?






地下3階までを見下ろすことが出来ます。

ホールやカフェの大きな窓からは、山や緑しか見えなくて、ここがすり鉢の中だとは考えにくい環境でした。
ホールのダイナミックな美しさもさることながら、展示室のケースや照明など、細部に気配りがされていて、とても綺麗な展示空間でした。







建物外観全貌は空からしか分からないのですが、駐車場から見えた美術館の外観はちょっと、「え、ここ?」な雰囲気です。。。
すり鉢の中を覗き見ることが出来ました。
かなり深いですよ。


建築巡り | comments(2) | trackbacks(0)
吉行淳之介文学館・資生堂アートハウス


ねむの木村には2つのこども美術館(どんぐり緑の中)の他に、「吉行淳之介文学館」があります。
ねむの木学園の園長である、宮城まりこさんと生前親しかった芥川賞受賞作家の吉行淳之介氏の記念館です。
設計は京都伝統建築技術協会の理事を務める中村昌生氏です。




建物の周りには、生前、吉行氏が好きだった楡や桜の木が植えられています。




中へ入ってまず目に入るのは、苔むした美しい庭。奥に見えるのは茶室です。




廊下からの中庭。




坪庭。
エントランスの周りに貼ってあるのと色違いのモザイク。




展示室の突き当たり、異常に尖がった窓。
細いけど奥行きがあります。




先程の窓の部分は、外から見るとこうなるのです。




続いて、谷口吉生氏設計の資生堂アートハウスです。







この芝生のこんもりした下に、ギャラリーの展示空間(企画展示室)があるのです。
図面はこちら
残念ながら内部は撮影禁止でした、、、。入場無料は良心的なのですが。。。

谷口吉生氏の1974年設計の美術館。それでも全然、新鮮に感じますよ!
場所は掛川市、ねむの木学園とも近いので建築巡りコースとしてもお勧めです。
建築巡り | comments(6) | trackbacks(0)
こころ歯科クリニック オープンハウス


以前よりお世話になっている設計事務所、smiloさんの設計、「こころ歯科クリニック」のオープンハウスに行ってきました。





外壁は二重壁になっていて、縦樋が隠されています。
外観を崩さないための工夫なのだそうです。なるほど。。。



待合室
この辺りは緑豊かな静かな場所です。




清潔感のある院内。
ハイテク機器が並ぶ診察室が、通路の左右に配置されています。




こちらは親子ルーム。
お子さんにも安心して診察をして頂くため、親子で入れる診察室。
将来的に通常の診察室にすることも可能。


この日は大阪から私の母が遊びに来ていて、一緒にオープンハウスにもお邪魔してしましました(~~)”
母も綺麗なクリニックと最新機器に興味津々。1枚目の写真に小さく写っているのは母とsmiloの寺下さんです。寺下さん、母のお相手までして頂いて申し訳ないです。。。

こころ歯科クリニックのHPはこちら
気さくな院長先生がいらっしゃいます。

建築巡り | comments(0) | trackbacks(0)
ねむの木こども美術館 「どんぐり」




掛川市にある、ねむの木学園の中にはこども美術館が2つあり、一つは前回ご紹介した坂茂氏設計の「緑の中」と、もう一つが今回ご紹介する藤森照信氏設計の「どんぐり」です。




壁面にはこども達が描いた草花が、地面から生えるように連なっています。
屋根の上にの芝生にも注目。



建物自体が、山の斜面から伸びてきているよう。もしくは突き刺さっている?




どんぐりの帽子のような屋根。正面からみると山のようにずんぐりしています。








入り口でチケットを買い、内部の別の扉から建物の裏側へ出ることが出来ます。
外から来ることは出来ません。

裏へ廻るとこの景色に、この建物です!
ここは、どこでしょう!?
童話の世界に紛れ込んだようでした。。。









ギャラリー入り口。
メルヘンの住人になれたところで、、、。
ギャラリーに向かうこの扉もまたかわいい☆
要所要所にときめいてしまうのでした(^^)\

残念ながら内部は撮影禁止でした。。。
内部も良かったです!もちろん。
どんぐりの帽子部分の中もギャラリー空間になっていて、漆喰の壁面にまあるいフォルムが、かまくらの中のようで暖かい雰囲気で、こども達の絵にぴったりでした。
建築巡り | comments(2) | trackbacks(0)
ねむの木こども美術館 「緑の中」




前回掲載した紙の資料館 特殊製紙総合技術研究所 Pamに引き続き、こちらも坂茂氏設計の建物です。
ねむの木こども美術館は、掛川市にあるねむの木学園の中にあります。
細い山道を抜けると空がひらけ、こども美術館が現れます。ねむの木学園のこども美術館は現在2つあり、こちらは、ねむの木こども美術館「緑の中」と呼ばれています。
もう一つは、ねむの木こども美術館「どんぐり」と呼ばれ、今年の春にオープンしました。(こちらも後日UPします)






文字通り「緑の中」、見渡す限りの山と緑に囲まれた場所に建っています。






壁面はすべてガラスで覆われ、周囲の緑が反射して美しいです。




黄色やオレンジのボックスには、トイレなどの設備が収められています。




屋根、天井構造、すべて正三角形で構成されています。








あいにく、休館中で内部は見れず、外から撮影。
天井の三角形の構造は、紙のハニカムで作られているそうです。
館内に照明はありません。そのかわり、すべてガラス張りの壁面と半透明素材のの屋根からの透過光が、外部から自然と館内に溶け込みます。
もう少し日が高ければ、まるで木漏れ日の中での展覧会のように感じるかも、、、と想像してみたり。。。

ねむの木学園のこどもたちの絵は、芯から心を打たれます。
この美術館では、立派なライトアップは無いけれど、より自然環境と光の中で作品を見ることが、こどもたちの作品に敬意を払っている事なのだと感じました。


建築巡り | comments(0) | trackbacks(0)
Recent Comments
Search this site :
RECOMMEND
Lmagazine (エルマガジン) 2008年 06月号 [雑誌]
Lmagazine (エルマガジン) 2008年 06月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

若草山で撮影した写真を掲載して頂きました。
RECOMMEND
商店建築 2008年 02月号 [雑誌]
商店建築 2008年 02月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

尾張矯正歯科の写真を撮影させて頂いております。
RECOMMEND
商店建築 2007年 04月号 [雑誌]
商店建築 2007年 04月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

SK NEWS欄の、ルーセントアベニューの写真を撮影させて戴きました。
RECOMMEND
安藤忠雄 光の色
安藤忠雄 光の色 (JUGEMレビュー »)
安藤 忠雄,トム ヘネガン,リチャード ペア
光や、天候、時間とともに存在する安藤建築を、あるがままにカメラに収めた写真集。青空を見方につけなくても、その存在感は写真に写っています。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

鈴木氏の作品集ですね。
青木氏もそれを狙っていたのだと感じます。
建築写真として、建築自体が良く分からないという評判もありますが、この美術館が置かれている状況や、入館した人が感じる空気が良く伝わります。建築写真も建築と共に変わってゆくべきですね。
RECOMMEND
The Agile Rabbit Book of Historical And Curious Maps (Pepin Press)
The Agile Rabbit Book of Historical And Curious Maps (Pepin Press) (JUGEMレビュー »)

日記でも少し掲載しましたが、面白い本です。
一家に一冊!
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

音作りは、身近だけど気がつかなかったような些細なおもちゃの楽器の音色だったり、聞こえるようで、聞こえない、些細な音たちが部屋に溶けてゆく感じが好きです。
↓にて視聴可能です
http://powershovelaudio.com/album/psa009/