スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
マツリノアト
 今日は6月4日より3週間展示の「工芸へのアプローチ」展の搬出でした。

3週間は長いようであっという間でした。
日ごろの行いが良いせいか(笑)、梅雨時期も遅れて、お天気にも恵まれました。

展覧会をやる意味ってなんだろう、、、。なんのためにやってるのかな、、、。自分のエゴ??
とか、ぐだぐだと反省する時もありますが、やっぱり続けたいなぁ。。。
作家として成長する為には、展覧会はもちろん有効だけど、それ以上に毎回感じる事は、自分がたくさんの人々に支えられて、お世話になっていることをつくづく思います。ホントにありがたい事です。

今回は、カフェ併設というコミュニケーションの場での展示ということもあってか、初めてお会いするけど実は知り合いの知り合いだったり、、、なんて話もちらほら。。。
人と人の繋がりやご縁は不思議なものですが、結構身近にいろんなところに転がっているんじゃないかとも思う事が出来ました。ただ、それを見ようとする努力が必要なんだな、と。

毎回、青春時代の良き友人に会いに行くようなあまじょっぱい気分(?)で、週に何度かギャラリーへ出向く、、という、日々が終わり、感慨にふけって綴っている次第です。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


暑い時期でしたがギャラリーへお越し頂いた方々、せっかく来ていただいたのにお会い出来なかった方々と、あまりお構い出来なかった方々(スミマセン、、、)  

それから、グランファブリック代表、河上夫妻、百花スタッフ様、期間中大変お世話になりました〜

☆皆様、ありがとうございました☆


祭りの後、、、。
オブジェだと思って誰も進んで座られなかった、ギャラリーの椅子。椅子は座られてナンボなので、ギャラリーで見つけた方は座りましょ



20日には早めの打ち上げと、二人の誕生日が近いということで、百花VIPルームでお祝いして頂きました♪
ロウソクふぅー、は幾つになってもテンション上がります。




では、気持ち切り替えて、これからも頑張ります!








モバイル写真日記 | comments(6) | -
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
タダユウ さま
工芸へのアプローチ展 おめでとうございました。
おうかがいできずに きょうしゅくですが
とっても あたたかさが つたわりました。

お誕生日のほうも、 
ちょっとはやめの おめでとうございます。
Posted by SOCIUS | 2009/06/24 9:19 AM

お疲れさまです〜

そちらに行けなくてごめんなさいでしたvv
バリバリ稼ぐようになったら、絶対行くからね〜
待っててね〜

お誕生びおめでとうございます♪
名古屋へはいつごろ?^^
Posted by kaz。 | 2009/06/24 9:20 AM

個展とか発表の場って、日頃の内向きな作業とは違う、
作品とそれを作った自分とが、作品を通して接することの出来る場所ですよね。
それを通じて新たな出会いがあったり、
自分もまた違う視点で自分の作品に向き合うことが出来たりします。
何より、新たな出会いがあったりするのが、僕は嬉しいですね。
いまいちまとまってませんが、個展お疲れ様でした!

同じく名古屋へはいつごろ?笑
Posted by Yasunori | 2009/06/24 10:37 AM

SOCIUSさん

ありがとうございます。
SOCIUSさんの個展も、DMありがとうございました。
今回は伺えませんでしたが、またお知らせ下さいね。
Posted by タダユウ | 2009/06/24 9:45 PM

kaz。さん

こちらこそ、会いに行くわといいながら、なかなか連絡出来ずにスミマセン。。。
また来週から、新たな個展が始まります、、(笑)
これが終わったら大人しくしてるわ。
Posted by タダユウ | 2009/06/24 9:48 PM

Yasunoriさん

そうなんですよねー。
展示場所によって見え方が変わる。。。わかっていた事なんだけど、実際展示してみて、それでも新たに気付くこともあったり。見に来る人に、新鮮な感想頂いたりするのがうれしかったり。
なんだかんだと感傷に浸りながら、次の個展準備にかかっております。
Posted by タダユウ | 2009/06/24 9:57 PM

Post a Comment










Recent Entries
Recent Comments
Search this site :
RECOMMEND
Lmagazine (エルマガジン) 2008年 06月号 [雑誌]
Lmagazine (エルマガジン) 2008年 06月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

若草山で撮影した写真を掲載して頂きました。
RECOMMEND
商店建築 2008年 02月号 [雑誌]
商店建築 2008年 02月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

尾張矯正歯科の写真を撮影させて頂いております。
RECOMMEND
商店建築 2007年 04月号 [雑誌]
商店建築 2007年 04月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

SK NEWS欄の、ルーセントアベニューの写真を撮影させて戴きました。
RECOMMEND
安藤忠雄 光の色
安藤忠雄 光の色 (JUGEMレビュー »)
安藤 忠雄,トム ヘネガン,リチャード ペア
光や、天候、時間とともに存在する安藤建築を、あるがままにカメラに収めた写真集。青空を見方につけなくても、その存在感は写真に写っています。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

鈴木氏の作品集ですね。
青木氏もそれを狙っていたのだと感じます。
建築写真として、建築自体が良く分からないという評判もありますが、この美術館が置かれている状況や、入館した人が感じる空気が良く伝わります。建築写真も建築と共に変わってゆくべきですね。
RECOMMEND
The Agile Rabbit Book of Historical And Curious Maps (Pepin Press)
The Agile Rabbit Book of Historical And Curious Maps (Pepin Press) (JUGEMレビュー »)

日記でも少し掲載しましたが、面白い本です。
一家に一冊!
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

音作りは、身近だけど気がつかなかったような些細なおもちゃの楽器の音色だったり、聞こえるようで、聞こえない、些細な音たちが部屋に溶けてゆく感じが好きです。
↓にて視聴可能です
http://powershovelaudio.com/album/psa009/