スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
☆個展の告知☆

★多田ユウコ 個展 「空遊書画」
2009.6.30(火)〜7.4(土)

時間/火曜〜金曜 12:00−19:00  ※最終日は17:00まで





★ギャラリートークのお知らせ

7月3日(金)19:30−21:00

・参加費700円
・定員25名(要予約)
   
※予約はサードギャラリーまで→The Third Gallery Aya HP
または直接、私まで→多田ユウコ HP




【地下鉄からのアクセス】

  1. 地下鉄四ツ橋線「肥後橋駅」:7号出口上がり四ツ橋筋を南下、江戸堀1交差点を左折して徒歩1分。
  2. 地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」:12号出口上がり西方向、阪神高速超えてすぐ。



場所/大阪市西区江戸堀1-8-24若狭ビル2F
tel・fax 06-6445-3557  
The Third Gallery Aya


00000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
 

先日、二人展を終え、そして息つく間もなく個展が始まります。
今回は、去年から撮り続けている、ダイビングをする人々の様子を撮影したものの一部を展示します。また、写真の展示と一緒に、スライドショー形式の作品も発表します。

※7月3日のギャラリートークでは、私の作品説明だけでなく、皆様と意見交換、情報交換の場となれば幸いです。お誘いあわせの上、お気軽にお越し下さい。

お知らせ | comments(4) | -
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
うふ^^
ユウコさん自身も水を得た魚みたいね。
生き生きと飛び回ってるユウコさんを見てると、
私も頑張らなくちゃ!っておもうよ。
gogo!

Posted by kaz。 | 2009/06/26 12:08 AM

kaz。さん

kaz。さんはその後お元気〜?
近況報告お茶会しないとね(^^)
展覧会続きですが、これが終わっても燃え尽きないように頑張るわー。
Posted by タダユウ | 2009/06/27 12:01 AM

はがき届きました、ありがとうございます。
上の写真は不思議な感じがしますね。
一斉に飛び込んでいるんでしょうか。
しかしどこから?
Posted by 竹中アシュ | 2009/06/30 9:30 AM

アシュさん

この写真は4人一斉に飛び込んでいます。
競技の後のパフォーマンスで、他にも子供を抱えて飛び込む人がいたり、すごかったですよ。
ここは浜松にあるプールで、屋外に飛び込み台を設置している、数少ない場所なんです。
今年もいかなくちゃー。
Posted by ただゆう | 2009/06/30 11:10 PM

Post a Comment










Recent Entries
Recent Comments
Search this site :
RECOMMEND
Lmagazine (エルマガジン) 2008年 06月号 [雑誌]
Lmagazine (エルマガジン) 2008年 06月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

若草山で撮影した写真を掲載して頂きました。
RECOMMEND
商店建築 2008年 02月号 [雑誌]
商店建築 2008年 02月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

尾張矯正歯科の写真を撮影させて頂いております。
RECOMMEND
商店建築 2007年 04月号 [雑誌]
商店建築 2007年 04月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

SK NEWS欄の、ルーセントアベニューの写真を撮影させて戴きました。
RECOMMEND
安藤忠雄 光の色
安藤忠雄 光の色 (JUGEMレビュー »)
安藤 忠雄,トム ヘネガン,リチャード ペア
光や、天候、時間とともに存在する安藤建築を、あるがままにカメラに収めた写真集。青空を見方につけなくても、その存在感は写真に写っています。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

鈴木氏の作品集ですね。
青木氏もそれを狙っていたのだと感じます。
建築写真として、建築自体が良く分からないという評判もありますが、この美術館が置かれている状況や、入館した人が感じる空気が良く伝わります。建築写真も建築と共に変わってゆくべきですね。
RECOMMEND
The Agile Rabbit Book of Historical And Curious Maps (Pepin Press)
The Agile Rabbit Book of Historical And Curious Maps (Pepin Press) (JUGEMレビュー »)

日記でも少し掲載しましたが、面白い本です。
一家に一冊!
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

音作りは、身近だけど気がつかなかったような些細なおもちゃの楽器の音色だったり、聞こえるようで、聞こえない、些細な音たちが部屋に溶けてゆく感じが好きです。
↓にて視聴可能です
http://powershovelaudio.com/album/psa009/