スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
出雲めぐり その壱


少し前になりますが、出雲へ行って来ました。
三十路女、2泊3日の一人旅。主な目的は、神社巡り。
私の実家は神社ということもあり、幼い頃から日本の神話を絵本代わりに育ちました。
漠然と知っていた日本の神様のこと、日本という国のこと、もっと知りたいと思い立ったのです。
なぜ、この年になるまで行かなかったのだろう・・・。というより、この年になったからこそ行きたくなったのかも。

初日、この旅のメインとしていた、出雲大社での特別拝観に行きました。
出雲大社では今年、60年に一度本殿の屋根を葺き替えるため、その間、本殿からご神体を仮の本殿へ移す、平成の御遷宮が行われています。私が出雲に滞在中は国宝でもある本殿の中に入れるとあって、これは是非にと足を運びました。





到着するなり想像以上の人出に圧倒されました。
拝観するために並んだ人々の行列は、本殿を3重に取り囲み、なんと3時間待ちだということ!



腹をくくり列へ、、、。行列の中からは様々な地方の方言が聞こえてきます。
本殿の裏は御禁足の山があり、緑がおい茂り気持ちの良い風が吹いて来ていました。
こんなりっぱな神社の境内の中をじっくり廻ることもめったにないなぁ、とか考えながら待つこと3時間。

二百何十年も前に作られたらしいのですが、本殿の天井に描かれた八雲の図は鮮やかに残されていました。

3時間待って、立派な昔の建築にも感動し、本殿にやっと上って八雲の図も見れたけど、私は、なにかさみしい気持ちがしました。
それは、ご神体がここにはないということだけではなく、神社のお社のご神体が祀ってある部分って、神話で育った私にとって、少し恐いような、見ても触れてもいけないような、、、。でもそこに願い事を聞いてくれるような神様がいるんじゃないかという思い。小さいじぶんから、そんな想像力を掻き立てる場所だったからかもしれません。

でも、日本人は無宗教だといわれながら、これだけ大勢の人々が全国各地からやってくる事実ってすごい!

出雲、やはり、なにかある。。。と出雲神社巡りの幕が開きました。





写真日記 | comments(2) | -
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
上の鳥居の写真は流石だなあ〜と思いました。
Posted by 竹中アシュ | 2008/06/12 10:29 PM

アシュさん

どもですー。
先日は塩田さんの住宅撮影で、久々にお目にかかれてうれしかったです。
また飲みにでも行きましょうねー。

Posted by ただゆう | 2008/06/13 12:54 PM

Post a Comment










Recent Entries
Recent Comments
Search this site :
RECOMMEND
Lmagazine (エルマガジン) 2008年 06月号 [雑誌]
Lmagazine (エルマガジン) 2008年 06月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

若草山で撮影した写真を掲載して頂きました。
RECOMMEND
商店建築 2008年 02月号 [雑誌]
商店建築 2008年 02月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

尾張矯正歯科の写真を撮影させて頂いております。
RECOMMEND
商店建築 2007年 04月号 [雑誌]
商店建築 2007年 04月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

SK NEWS欄の、ルーセントアベニューの写真を撮影させて戴きました。
RECOMMEND
安藤忠雄 光の色
安藤忠雄 光の色 (JUGEMレビュー »)
安藤 忠雄,トム ヘネガン,リチャード ペア
光や、天候、時間とともに存在する安藤建築を、あるがままにカメラに収めた写真集。青空を見方につけなくても、その存在感は写真に写っています。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

鈴木氏の作品集ですね。
青木氏もそれを狙っていたのだと感じます。
建築写真として、建築自体が良く分からないという評判もありますが、この美術館が置かれている状況や、入館した人が感じる空気が良く伝わります。建築写真も建築と共に変わってゆくべきですね。
RECOMMEND
The Agile Rabbit Book of Historical And Curious Maps (Pepin Press)
The Agile Rabbit Book of Historical And Curious Maps (Pepin Press) (JUGEMレビュー »)

日記でも少し掲載しましたが、面白い本です。
一家に一冊!
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

音作りは、身近だけど気がつかなかったような些細なおもちゃの楽器の音色だったり、聞こえるようで、聞こえない、些細な音たちが部屋に溶けてゆく感じが好きです。
↓にて視聴可能です
http://powershovelaudio.com/album/psa009/