スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
☆二人展のお知らせ 「工芸へのアプローチ」展







 
 二人は大阪芸術大学美術学科出身で、共に現代アートに向き合ってきました。
 卒業から12年、それぞれの表現方法を模索し、田中共子はステインドグラス作家、多田ユウコは写真家として現在、表現の幅を広げています。
 
 田中共子は、工芸と芸術の境目をテーマに、ニューアンティークガラスを中心に使用したステインドグラスアートで、色の光を感じる生活を提案しています。

 多田ユウコは、日本画の空間構成に興味を持ち、写真を襖絵のように見立てた作品「たまのをと」5点を展示します。
 
 この二人展では、単なる作品の展示としてではなく、古民家の趣きを残したラ・ガルリの雰囲気と、中庭から見える景色と共に、インスタレーションとしての展示を試みます。
 
美しく洗練され生活に溶け込む芸術、美しい「工芸品」への憧れと尊敬を込めて、二人の現代作家のささやかなアプローチです。




☆地図☆


            大阪府茨木市駅前1-8-28 GLAN FABRIQUE 1F  PHONE : 072-621-6953


HP: GLAN FABRIQUE


000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000


 上記の内容にて、二人展を開催する事となりました。

 GLAN FABRIQUEは、インテリアデザイナーでもあるオーナーの河上氏が、日本家屋を改装して1Fを カフェ百花 moka、ギャラリーla galerie(ラ・ガルリ)、2Fを事務所としています。
 展示させていただくギャラリーは、波板ガラスごしに中庭の景色を眺め、また季節やその日のお天気、時間ごとに展示作品の雰囲気を楽しめる空間です。

 今回、私が展示させていただく作品は2004年度にサードギャラリーAyaで個展させていただいたものの一部ですが、今回の展示では、ラ・ガルリの雰囲気とステインドグラスアートとのコラボレーションとなるので、「作品を見る」という感じではなく、展示空間そのものを楽しんでもらえればと思っています。

 

展示期間は河上氏のご好意で、3週間の日程を頂きました☆
長期の展示となりますので、是非お誘い合わせの上ご来場お待ちしております。(イタリアンシェフの本格派イタリアン百花ランチ、おいしいです♪是非ランチがてらいらしてくださいー)
 
※期間中、6月7日は田中共子、多田ユウコ在郎予定。
その他不定期で在廊しています。来場いただける方は是非ご一報下さい。
 
多田ユウコメール photo@tada-you.com







お知らせ | comments(2) | -
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
はがき届きました。大阪でしたか。もともとそちらのご出身でしたっけ?個展はなかなか見にいけずすいません(--ゞ。どうか名古屋でもやってください♪
Posted by 竹中アシュ | 2009/05/29 3:25 PM

アシュさん

ご無沙汰していますー☆
そぉなんです、大阪人なんですよー。
ぼちぼちこちらでの生活も落ち着き、展覧会など行うことになりました。
名古屋在住時には、個展叶わずでしたが、またよい機会に恵まれればと思っています。

コメントありがとうございました。アシュさんブログにもおじゃましますねー♪
Posted by ただゆう | 2009/05/29 9:04 PM

Post a Comment










Recent Comments
Search this site :
RECOMMEND
Lmagazine (エルマガジン) 2008年 06月号 [雑誌]
Lmagazine (エルマガジン) 2008年 06月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

若草山で撮影した写真を掲載して頂きました。
RECOMMEND
商店建築 2008年 02月号 [雑誌]
商店建築 2008年 02月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

尾張矯正歯科の写真を撮影させて頂いております。
RECOMMEND
商店建築 2007年 04月号 [雑誌]
商店建築 2007年 04月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

SK NEWS欄の、ルーセントアベニューの写真を撮影させて戴きました。
RECOMMEND
安藤忠雄 光の色
安藤忠雄 光の色 (JUGEMレビュー »)
安藤 忠雄,トム ヘネガン,リチャード ペア
光や、天候、時間とともに存在する安藤建築を、あるがままにカメラに収めた写真集。青空を見方につけなくても、その存在感は写真に写っています。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

鈴木氏の作品集ですね。
青木氏もそれを狙っていたのだと感じます。
建築写真として、建築自体が良く分からないという評判もありますが、この美術館が置かれている状況や、入館した人が感じる空気が良く伝わります。建築写真も建築と共に変わってゆくべきですね。
RECOMMEND
The Agile Rabbit Book of Historical And Curious Maps (Pepin Press)
The Agile Rabbit Book of Historical And Curious Maps (Pepin Press) (JUGEMレビュー »)

日記でも少し掲載しましたが、面白い本です。
一家に一冊!
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

音作りは、身近だけど気がつかなかったような些細なおもちゃの楽器の音色だったり、聞こえるようで、聞こえない、些細な音たちが部屋に溶けてゆく感じが好きです。
↓にて視聴可能です
http://powershovelaudio.com/album/psa009/