スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
無事終了
 6月30日〜7月4日の間The Third Gallery Ayaにて開催されました個展「空遊書画」、無事終了いたしました。

5日間という短い期間と、イマイチ良くないお天気と、蒸し暑さにもかかわらず、100名を超えるご来場があり、有難い限りでございます。

3日のギャラリートークでは、当日参加の方も増え、より大勢の方へお話させていただく事が出来ました。やはり、初めてのギャラリートーク、緊張しました。。。私の拙い話に最後まで耳を傾けていただき、ありがとうございます。


以下、展示風景、、



ブルーの画面は約5分程度のスライド形式の映像です。次々に水に飛び込む人々を映し出します。




6点の写真の展示。

ありえない光景に、CGですか?の質問もありましたが、CG合成ではなく、実際の現象なんですよね。。。
想像できない事が起こるから、世界は楽しいし、人間って面白いなと思うのです。
写真はそんな瞬間を捉える事が出来て、こうして展示する事で他の人に伝える事も出来る幸せな表現方法だなと感じています。

今回の個展でも、様々な出会い、再会、ご縁を感じる不思議な出会いもあり、なんというか世の中と繋がっているという実感がしてうれしかったです。

展示会場にお越し頂いた皆様、様々な感想やご意見ありがとうございます。今後の活動の参考にさせて頂きます。

では、今後とも宜しくお願いします。


日記 | comments(4) | -
アートのこぶ〆
 関西で展覧会情報を調べる時等に、私がよく拝見しているサイト、小吹隆文 アートのこぶ〆
皆さんご存知ですか?
掲載している展覧会の数もたくさんあるのですが、小吹さんご自身もギャラリーを廻り、展覧会の様子を記録、レポートされてサイトに掲載されているのが面白いです。

そんな小吹さん、昨日は私の個展にもご来場頂き、作品のことなど少しお話させていただきました。
思わず 「ブログ、ファンですー。いつも見てます!」

そして、サイトの<展覧会場の様子>大阪 7/2 にて個展の紹介して頂いております。

詳細で膨大なアート情報量です。
皆様も是非チェックしてみてください。
小吹隆文 アートのこぶ〆




以下、関係ないけど、搬入時の写真。

  ハイテク機器が水平ラインを示す。
   
  釘を打つ。。。私ではなく、ギャラリーオーナーあやさん。


便利な機械のおかげで、あっという間の展示完了!ハイテク機器に感動!


オススメサイト | comments(0) | -
あと2日、ギャラリートーク


 6月30日よりThe Third Gallery Ayaにて開催しております個展「空遊書画」も、残すところあと2日となりました。
このところの蒸し暑い気候にもかかわらず、たくさんの方々にご来場頂き、ありがとうございます。
私は会期中、夕方位から在廊し、いらっしゃった方々に作品の説明や、世間話などしながら過ごしています。

明日は19:30より、ギャラリーにてアーティストトークなるものを行います。何事も経験。。。
大勢の前で上手く話す事は苦手でですが、ジェスチャーやらなんやらでとにかく頑張ってやってみます。
内容は、過去作品等を紹介しながら撮影裏話などさせて頂き、その後意見交換、質疑応答等々、、、。
約1時間半、お付き合い頂ければと思います。


参加ご希望の方はThe Third Gallery Ayaまでご連絡下さい。(定員25名ですが、まだ少し空きがあります。)

皆様のお越しをお待ちしております。

※7月3日アーティストトーク詳細→http://www.thethirdgalleryaya.com/exhibitions/


お知らせ | comments(0) | -
☆個展の告知☆

★多田ユウコ 個展 「空遊書画」
2009.6.30(火)〜7.4(土)

時間/火曜〜金曜 12:00−19:00  ※最終日は17:00まで





★ギャラリートークのお知らせ

7月3日(金)19:30−21:00

・参加費700円
・定員25名(要予約)
   
※予約はサードギャラリーまで→The Third Gallery Aya HP
または直接、私まで→多田ユウコ HP




【地下鉄からのアクセス】

  1. 地下鉄四ツ橋線「肥後橋駅」:7号出口上がり四ツ橋筋を南下、江戸堀1交差点を左折して徒歩1分。
  2. 地下鉄御堂筋線「淀屋橋駅」:12号出口上がり西方向、阪神高速超えてすぐ。



場所/大阪市西区江戸堀1-8-24若狭ビル2F
tel・fax 06-6445-3557  
The Third Gallery Aya


00000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000
 

先日、二人展を終え、そして息つく間もなく個展が始まります。
今回は、去年から撮り続けている、ダイビングをする人々の様子を撮影したものの一部を展示します。また、写真の展示と一緒に、スライドショー形式の作品も発表します。

※7月3日のギャラリートークでは、私の作品説明だけでなく、皆様と意見交換、情報交換の場となれば幸いです。お誘いあわせの上、お気軽にお越し下さい。

お知らせ | comments(4) | -
マツリノアト
 今日は6月4日より3週間展示の「工芸へのアプローチ」展の搬出でした。

3週間は長いようであっという間でした。
日ごろの行いが良いせいか(笑)、梅雨時期も遅れて、お天気にも恵まれました。

展覧会をやる意味ってなんだろう、、、。なんのためにやってるのかな、、、。自分のエゴ??
とか、ぐだぐだと反省する時もありますが、やっぱり続けたいなぁ。。。
作家として成長する為には、展覧会はもちろん有効だけど、それ以上に毎回感じる事は、自分がたくさんの人々に支えられて、お世話になっていることをつくづく思います。ホントにありがたい事です。

今回は、カフェ併設というコミュニケーションの場での展示ということもあってか、初めてお会いするけど実は知り合いの知り合いだったり、、、なんて話もちらほら。。。
人と人の繋がりやご縁は不思議なものですが、結構身近にいろんなところに転がっているんじゃないかとも思う事が出来ました。ただ、それを見ようとする努力が必要なんだな、と。

毎回、青春時代の良き友人に会いに行くようなあまじょっぱい気分(?)で、週に何度かギャラリーへ出向く、、という、日々が終わり、感慨にふけって綴っている次第です。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


暑い時期でしたがギャラリーへお越し頂いた方々、せっかく来ていただいたのにお会い出来なかった方々と、あまりお構い出来なかった方々(スミマセン、、、)  

それから、グランファブリック代表、河上夫妻、百花スタッフ様、期間中大変お世話になりました〜

☆皆様、ありがとうございました☆


祭りの後、、、。
オブジェだと思って誰も進んで座られなかった、ギャラリーの椅子。椅子は座られてナンボなので、ギャラリーで見つけた方は座りましょ



20日には早めの打ち上げと、二人の誕生日が近いということで、百花VIPルームでお祝いして頂きました♪
ロウソクふぅー、は幾つになってもテンション上がります。




では、気持ち切り替えて、これからも頑張ります!








モバイル写真日記 | comments(6) | -
Recent Comments
Search this site :
RECOMMEND
Lmagazine (エルマガジン) 2008年 06月号 [雑誌]
Lmagazine (エルマガジン) 2008年 06月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

若草山で撮影した写真を掲載して頂きました。
RECOMMEND
商店建築 2008年 02月号 [雑誌]
商店建築 2008年 02月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

尾張矯正歯科の写真を撮影させて頂いております。
RECOMMEND
商店建築 2007年 04月号 [雑誌]
商店建築 2007年 04月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

SK NEWS欄の、ルーセントアベニューの写真を撮影させて戴きました。
RECOMMEND
安藤忠雄 光の色
安藤忠雄 光の色 (JUGEMレビュー »)
安藤 忠雄,トム ヘネガン,リチャード ペア
光や、天候、時間とともに存在する安藤建築を、あるがままにカメラに収めた写真集。青空を見方につけなくても、その存在感は写真に写っています。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

鈴木氏の作品集ですね。
青木氏もそれを狙っていたのだと感じます。
建築写真として、建築自体が良く分からないという評判もありますが、この美術館が置かれている状況や、入館した人が感じる空気が良く伝わります。建築写真も建築と共に変わってゆくべきですね。
RECOMMEND
The Agile Rabbit Book of Historical And Curious Maps (Pepin Press)
The Agile Rabbit Book of Historical And Curious Maps (Pepin Press) (JUGEMレビュー »)

日記でも少し掲載しましたが、面白い本です。
一家に一冊!
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

音作りは、身近だけど気がつかなかったような些細なおもちゃの楽器の音色だったり、聞こえるようで、聞こえない、些細な音たちが部屋に溶けてゆく感じが好きです。
↓にて視聴可能です
http://powershovelaudio.com/album/psa009/