スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
アケマシテ


晴れあけましておめでとうございます。
本日で事務所設立、1周年となりました。
この一年、充実した日々を送ることが出来きたと、支えていただいた方々に感謝しています。本当にありがとうございましたぴかぴか
今年も頑張りますので、宜しくお願いします女
写真日記 | comments(5) | trackbacks(0)


大阪での展覧会も今月4日に修了。
荷物を引き上げて名古屋に戻って参りました。
会期中はたくさんの方々と出会うことが出来ました。入選作家の皆様とも、有意義な時間を過ごし、今後も交流が持てるといいなと思います。
せっかく見に来ていただいたのに、お会いできなかった方々、あまりお構いできなかった方々には申し訳なく思います。それでもお忙しい中、わざわざご来場頂きました皆様、本当にありがとうございました。
これからも、この経験を励みに制作活動を続けて行きたいと思います。もちろん、仕事の建築写真も両立して行きたいです。
皆様、今後とも温かく見守っていただけますよう、宜しくお願いします。
写真日記 | comments(4) | trackbacks(0)
桃の谷のギャラリー
今日も昼過ぎより、Mio会場へ出勤。
その帰り、ギャラリー・グレイスへ寄って来ました。
Mio写真奨励賞に過去、最多入選記録保持者でもある写真家の兒嶌秀憲氏がギャラリーのマネージャーをされているという事と、過去のMio写真奨励賞でも何度か入賞されている写真家の亀村ヨシノブ氏の個展が開催されているとの事で、おじゃまさせていただきました。
ギャラリー・グレイスは天王寺駅から環状線で2駅、桃谷駅から桃谷商店街をずんずん進むと右手にあります。
ディープ大阪な空気がむんむんの桃谷商店街。お肉屋さん、果物屋さん、乾物屋さん、、、。


※桃谷だけに桃の電光掲示板♪

そんな小さな商店のあいだに、時々何件かのたこ焼き屋も見えます。いい匂い♪
通りがかった時間は6時半。もうすっかり暮れていて、明るい商店街の通り沿いに、時々ぽっかり空いた路地の暗闇。時々吸い込まれそうな感覚があります。
少しタイムスリップしてたどり着いたのがココ↓



ギャラリーグレイスと兒嶌秀憲氏。
ギャラリーには写真家の福永洋介氏もいらっしゃって、お二人に初対面なのでご挨拶。。。
Mio写真奨励賞の事や、10周年記念作品賞のこと、写真の事など等、しばしお話して帰りました。
また、大阪に帰ってきたら立ち寄らせて頂きますね(^^)

兒嶌秀憲氏のブログ→偽り暗室日誌

写真日記 | comments(1) | trackbacks(0)
会場風景、出会い
天王寺mio10周年記念作品展3日目。
会場風景をUPしました。
こんな立派な会場での個展はもう一生無いかも知れない!?ので、ちゃんと記録残さなくてはダメですよね。



入り口からの風景。
この奥に3ブースあり、2007年度の受賞者の作品を見ることが出来ます。
今年のグランプリはオノナホヨさん。
オノさんの作品も奈良で撮られたものでした。やっぱり、奈良はいい。。。
小さい頃私も行ったことが在るらしいお寺の行事の写真。脳みその隅の方に眠っていた映像の記憶が、鮮やかな色彩によってくすぐられた感じがしました。




入って右側の風景。
タイトルも名前も入れていただいて感激しました。
審査員の講評と、私の略歴、コンセプトのパネル。そして写真が並びます。




入って左側の風景。
私としては一応、右回りに設定したのですが、案外、こちらの方(左回り)から見て行かれる方が多いのです。
今回の展示は、右から廻って見てリズミカルで気持ち良く見えるよう並べただけなのでよいのですが、皆さんは美術館やギャラリーでどちらから廻りますか?

そして今日、新しい出会いあり。
以前よりブログにコメントを送っていただいていたKaz。さんが、お友達のMさんと一緒にわざわざ会場に見に来てくれました(^^)
Kaz。さんはとても明るくて元気で、思いついたらすぐに行動できる人のようです。
その後3人で楽しくお茶(まるで女子大生に戻ったようにおしゃべりしてましたね(^^)")をして、お二人分、元気を分けてもらえました気がします☆
Kaz。さんは実は私のご近所さんでした。大阪まで会いに行く必要ないんじゃないの?というMさんのつっこみ。。。また、近所でお茶しましょうね!

Kaz。さんのブログ→好きなままで長く。

写真日記 | comments(3) | trackbacks(0)
初日


今日は展覧会初日。
気にしていた会場構成も素敵に仕上げて頂いていて、ひとまずほっとしました(^^)
インタビュービデオの撮影は、やはり緊張してしまって、思うように話せなかったです。
うまく編集してもらえることを願います。。。
その後レセプション、授賞式、懇親会がありました。
レセプションには100人以上の人が入ったようで、私が以前入賞したときに比べて、Mio写真奨励賞の知名度が上がったのだと感じました。

懇親会では何人かの作家さんとお話する機会があり、近況や作品について話し合う時間を持つことが出来ました。会期中にまた皆さんに会えるといいなぁ。



懇親会での審査員平木先生の後姿。
Tシャツの似顔絵は生徒さんが描いたものだそうです。
うまい!ご本人そっくりです!

上の写真2カットは、携帯カメラでの撮影。
明日は、マイカメラ持参で会場内部も撮ってこようと思います。


ぴかぴかわざわざ駆けつけて下さった方々、ありがとうございます。
あまりお構いできずにすみませんでした。

審査員総評や、各作家の作品やコメントが公開されました。
コチラ→Mio写真奨励賞2007

写真日記 | comments(1) | trackbacks(0)
出陣


いよいよ明日から始まる個展
少し緊張感を持ちつつ、ここ何日か過ごすことが出来ました。
今日から大阪入り。実家から毎日会場へ出勤しようかと思っています。
個展をやると一番面白いのは、出会いが増えること。。。
疎遠になりかけてた友人が来てくれたり、全然知らなかった人も話しかけてくれます。
写真にあまり詳しくない人のナマの感想も、新鮮です。
それと、Mio写真奨励賞の良いところは、他の作家さんたちの作品を見ることが出来るし、作家同士の交流も持てます。
なにしろ自分の作品について、もっと深く知ることが出来る期間なので、個展が終わって次回作へのモチベーションが、もしくは作風も、良くも悪くも大きく変わるのです。
なんか、頭の中でいろんな期待や不安(もあり)が交錯し、まとまらない感覚です。

明日は、インタビュービデオを撮影されるらしい、、、。(これがいちばん緊張する。残るからねぇ。。。)

とりあえず、ノートパソコンを持って行ってネットは繋ぐので、個展の間にも日記UPしてみます。
会場の雰囲気とかも伝えられればと思います。
写真日記 | comments(0) | trackbacks(0)
大相撲名古屋場所


昨日、生まれて初めて相撲をナマで観戦しました。
日本の国技なのに、若貴兄弟が活躍していた頃くらいしか相撲に興味を持てなかった私ですが、大相撲名古屋場所で見れるという機会に恵まれ、意気揚々と観覧席へ。




体育館の中にすり鉢状に組まれた観覧席。中央の土俵の上に浮かぶ屋根。テレビでは見たことあったのですが、ナマで見ると、ちょっと他のスポーツではありえない不思議な光景でした。




スポンサーの多い力士ほど、たくさんの広告が入ります。お茶漬けの幕を持った人達が土俵を厳かにまわるあたりが少しウケます。。。




後ろの方の観覧席で、武蔵丸親方発見!どうやら警備にまわっているようです。(寝ているみたいでしたけど。。。)想像以上に大きくて、感動しました(^^)/


最後の取り組みは、朝青龍VS琴光喜。琴光喜は愛知県岡崎市出身の力士で、今回地元の名古屋場所では大人気!朝青龍に投げられた瞬間、お客さんの悲鳴が会場中に響き渡りました。その瞬間↓よーく見ると、お客さんの残念そうな表情も見て取れます。




日本の国技でありながら、三分の一は外国人力士でしたが、日本人力士にも頑張って頂きたいです。この相撲文化が廃れて行くのは、もったいないと思いました。
ちょんまげ、ふんどし、女人禁制の土俵、塩をまくしぐさ、独特の間合い。。。
至るところに日本独自の風習や文化が散りばめられていて、現代人にはかえって新鮮に映るのかもしれませんね。
写真日記 | comments(3) | trackbacks(0)
維新派
 マンションの撮影依頼で奈良へ行ってまいりました。
 ちょうど、平城宮跡にて平城遷都祭が開催されていて、そこで維新派の公演があるとのことで、撮影の合間にその舞台を見てきました。
 私は10年来、維新派のファンで、数々の公演を拝見していて、今回の撮影のお仕事も、わざわざこの日に合わせてもらいました(^^)\ 

 平城宮跡という歴史的ロマンのある舞台で見る維新派は、格別に良かったです!広い野原と青空にひびくヂャンヂャン☆オペラ。やはり維新派は屋外公演がサイコウです!感動しました☆次の舞台「ノスタルジア」も見に行きますよー♪







写真日記 | comments(0) | trackbacks(0)
岐阜城



今回は、犬山城に引き続き、岐阜城です。
金華山のてっぺんにちょこんと建っています。山頂の途中まではロープウェーでのぼり、そこから急な山道を270m登ったところにあります。(けっこうきついです。。。)










天守閣からは長良川周辺が美しく見渡せます。




安藤忠雄氏設計の長良川国際会議場も近くにあり、写真では左上の方の丸い卵のような建物です。(こっちに行けば良かったかしら。。。)





空には霞がかかり、飛行機雲が二重になって見える現象が見られました。





岐阜城に興味を持たれた方はこちらのHPもチェックして見ましょう
※かなりゆるめのHPです(^u^)" 
http://www.kinkazan.co.jp/
写真日記 | comments(2) | trackbacks(0)
犬山城


高いところと、日本文化を愛する私は、城にもよく行きます。
展望台からの風景を見渡すと、あらゆる出来事や事象も一望できて面白いです。















いろんなところでいろんなことが起こっていて、それらが並列に存在している様子が愛しくて写真を撮ります。高いところはやめられません。。。そんな訳で、私の自宅は10階です(^^)

注:バカと煙はナントカとかは言わないように!
写真日記 | comments(0) | trackbacks(1)
Recent Entries
Recent Comments
Search this site :
RECOMMEND
Lmagazine (エルマガジン) 2008年 06月号 [雑誌]
Lmagazine (エルマガジン) 2008年 06月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

若草山で撮影した写真を掲載して頂きました。
RECOMMEND
商店建築 2008年 02月号 [雑誌]
商店建築 2008年 02月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

尾張矯正歯科の写真を撮影させて頂いております。
RECOMMEND
商店建築 2007年 04月号 [雑誌]
商店建築 2007年 04月号 [雑誌] (JUGEMレビュー »)

SK NEWS欄の、ルーセントアベニューの写真を撮影させて戴きました。
RECOMMEND
安藤忠雄 光の色
安藤忠雄 光の色 (JUGEMレビュー »)
安藤 忠雄,トム ヘネガン,リチャード ペア
光や、天候、時間とともに存在する安藤建築を、あるがままにカメラに収めた写真集。青空を見方につけなくても、その存在感は写真に写っています。
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

鈴木氏の作品集ですね。
青木氏もそれを狙っていたのだと感じます。
建築写真として、建築自体が良く分からないという評判もありますが、この美術館が置かれている状況や、入館した人が感じる空気が良く伝わります。建築写真も建築と共に変わってゆくべきですね。
RECOMMEND
The Agile Rabbit Book of Historical And Curious Maps (Pepin Press)
The Agile Rabbit Book of Historical And Curious Maps (Pepin Press) (JUGEMレビュー »)

日記でも少し掲載しましたが、面白い本です。
一家に一冊!
RECOMMEND
 (JUGEMレビュー »)

音作りは、身近だけど気がつかなかったような些細なおもちゃの楽器の音色だったり、聞こえるようで、聞こえない、些細な音たちが部屋に溶けてゆく感じが好きです。
↓にて視聴可能です
http://powershovelaudio.com/album/psa009/